toggle
2020-02-15

梅(大盃)

紅い梅が咲きました。

暦の上では春ですが、まだ2月なので冬の花の中に分類しました。もうすぐ、いろいろな花が咲き出しますね。楽しみです。

追記:梅の品種が分かりました。大盃(オオサカズキ)だそうです。

関連記事

コメント8件

  • なおさん より:

     紅梅の花が咲きだすといよいよ春、という気分になりますね。この紅梅はずいぶんと蕊が長く突き出て印象的ですね。ばっちり撮れていて素晴らしいです。

    • 連峰の風 より:

      なおさん
      コメントをありがとうございました。
      シベの長い紅梅です。
      咲き始めは花びらが小さいのかな、と思ったりしますが、しばらく観察してみますね。

  • こんばんは。
    紅梅の花が咲きだしましたね。雄蕊が長いですね~。
    クリスマスローズも。家のも咲いてきました。おんなじ色です。
    今日は春一番とか。庭花さんちは風が強かったのでは?

    ↓キセキレイ 山へ行くと車の先頭で走ってくれて道案内してくれますね。可愛い鳥さんですね。

    • 連峰の風 より:

      りんごの里から さん
      コメントをありがとうございました。
      言われるまで気づかなかったのですが、雄蕊が長いようです。特別な種類なんですかねぇ。
      りんごの里から さんのご自宅でも、クリスマスローズが咲いてきましたか。
      風は今日の方が強い感じがします。(今は高岡で仕事中です。昼休みなのでコメントを書いています。梅の写真を撮った日は、投稿の前日でした。)
      キセキレイは立山の美女平でも見たことがありますが、きっと近くに川が流れていたのだと思います。セキレイの特に若い子は、よく道案内をしてくれますね。

  • ふみ より:

    はっとするほど、明るい色彩の紅梅ですね。
    以前、家や職場の近くのあちこちに紅梅、白梅がありましたが、こんなにしべの長い梅は見たことがないような気がします。

  • 連峰の風 より:

    ふみさん
    コメントをありがとうございました。
    みなさまから「しべが長い」と言われたので調べてみました。
    どうやら、私の祖父が購入した梅で、品種は「大盃(おおさかずき)」と言うそうです。母が覚えていました。ネットでも調べましたが、しべの長い紅梅でした。
    盆栽でも地植えでも育つそうです。祖父が残してくれたものなので大事にします。

  • ふみ より:

    お祖父さまが購入なさった「おおさかずき」、その名前をお母さまが覚えていらっしゃったんですね。
    良いお話を伺いました。
    私の住むところにもまだまだ自然は豊かで良いところだと思いますが、富山の風景や小鳥の写真を見せていただくと、絵本を見ているような気がしたり、まるで外国のような感じがします。
    お話しは全く違いますが、関取の朝乃山も富山出身ですね。
    コロナウイルスで大相撲が見られるかどうか心配なところですが、応援している力士です。

    • 連峰の風 より:

      ふみさん
      コメントをありがとうございました。
      花は咲き始めが一番きれいだなと思います。満開の時よりも瑞々しい感じがします。来年も「おおさかずき」が咲くのを楽しみにしています。母は足が不自由で、一日中、家の中で暮らしています。
      そう言えば、コロナウイルス騒ぎで、外を出歩く人が少なくなったようです。富山県には、まだ感染者はいませんが、時間の問題でしょう。
      私も朝乃山のファンなので、いつも応援しています。
      最近は、会社の所属の課の簡単なホームページを作らされているので、自分のブログは後回しになっています。そろそろ、写真を撮りに出かけたいのですが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。