toggle
2022-05-26

エゴノキ

自宅のエゴノキの花が満開になりました。

自生しているエゴノキは白い花のようですが、自宅のものは少しピンク色をしています。「ベニバナエゴノキ」と言うそうですが、きっと園芸品種なのでしょう。木の実はヤマガラの好物で、トントンと音を立てて硬い殻を破り、中身を食べます。最初はキツツキのドラミングかと思いました。公園では見かけますが、自宅には来てくれません。

関連記事

コメント5件

  • なおさん より:

     ご自宅にエゴノキがあるとは良いですね。しかもほんのりピンクがかっているのは、野生の白いのとはまた違う雰囲気で、また良いものですよねえ。

     ピンクのエゴノキは、以前鉢で育てた事がありますが、今はありません。地元の駅前ホテルの植え込みで、そこそこ大きい樹があるので、来年花の時期に忘れていなければ撮りたいものです。

    • 連峰の風 より:

       なおさん、コメントをありがとうございます。
       庭の樹木の多くは、亡くなった父が植えたもので、花が咲くまでは何の木か知らない事がありました。エゴノキもその一つで、初めは植わっているだけの存在でしたが、花が多く咲くようになってからは、存在感を増しました。野生の白いのとはまた違う雰囲気で、良いものです。
       花の時期は短いので、計画を立てないと取り損ねてしまいますよね・・・来年、頑張ってください。

  • ふみ より:

    ご近所のエゴノキは白色で見上げるほど大きな樹です。
    すぐ裏のおうちの人から日当たりが悪くなるからとクレームが出たとか……
    風さんのお宅の薄いピンク色のエゴノキは、白色とはまた違って、見上げるとき、どんな気持ちになるんでしょう、いちど見てみたいです。
    ヤマガラが来て、トントンしてくれると良いですね。

  • ふみ より:

    おかえりなさい。
    少し長いお休みで心配しておりましたが、きっと戻ってきてくださると思っておりました。
    何よりうれしいお便りです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。